歯科外来

2016年8月19日金曜日

出っ歯ってどんな状態?

歯って何??

前回に引き続き、出歯 (上顎前突) についてお話させていただきます。


の口元の写真見て、どちらが出歯か分かる方は少ないのではないでしょうか。





では横からの口元の写真はどうでしょうか。これでも分かりにくいかもしれません。


左側の写真の口元が突出しているのが分かりましたか?
これは上顎前突の患者さんの治療前後の写真です




下の写真のように赤い線でE-lineEsthetic line:鼻の頭と顎を結んだライン上に唇の先端が重なる)を引いてみると口元が突出していることが分かります。





  治療前(出っ歯)   治療後


みなさんは一般的にきれいな歯並び=ガタガタがないことと思いがちではないいでしょうか。同じ不正咬合でも、受け口 (下顎前突) は、通常と前歯のかみ合わせが逆で下の前歯が前方に見えるので、ご家族も気づきやすいと思います

一方、上顎前突症どこまで突出していたら治療すべきなのか、また何歳から治療開始すべきなのか疑問に思われることも多いと思います。

そこで次回から実際の治療例をもとに上顎前突症の治療についてお話をしていきたいと思います。

当科HPへのリンク
http://home.hiroshima-u.ac.jp/orthod/patient/medical/time-charge.html
広島大学病院矯正歯科 初診相談ダイヤル

082-257-1755

0 件のコメント:

コメントを投稿